ちょっと待てよ。俺捕まってるな。

CATEGORY | 日記
POSTED | 2018/04/17
私のボストンマラソンには後日談がある。

レースを走り終わっても私の脳内アドレナリンは

栓が閉まることなく、暫くは垂れ流しの状態が続いていた。

つまりハイだったのだ。

その頃わたしは、大学を卒業したものの進路に迷い、

宙ぶらりんの生活をしていた。

しかし、取り敢えず何か始めないとと、

住んでいたプロビデンスの街から1時間かけて

ボストンにあるあの学校のExtention Schoolと呼ばれる

夜間プログラムに参加していた。



日本の生涯学習とはニュアンスが大分違うが、

大学院に進むためにはちょっと成績が足りない人とかが

通う、大学院の予備校みたいなニュアンスの暗い場所だ。

真面目腐っていた私はやっとの思いで大学を出たのに

また浪人生の様に夜な夜な学校に通っていたのだ。

なんと無駄な時間だったろうか。

バックパッカーでもやればよかった。

完全に思考が停止していた。



その夜間の学校に通うのも車で1時間かかる。

ある日、授業が終わって夜10時過ぎにハイウェイを走っていると

バックミラーにパトカーがピーポーピーポー鳴らして

近づいてきた。

すぐさま私は車線を譲った。

するとパトカーは私の車の後ろに接近してきた。

「なんだよ嫌がらせかよ」

私は冷静にやり過ごそうとした。

ん?マイクでこっちに向かってなんか言っている。

「ちょっと待てよ。俺捕まってるな。」



恐る恐る路肩に車を寄せ停車すると、強面の白人警官が車から降りてきた。

100%恐怖。

バックミラーで覗いてみると、完全に人種差別の白人警官の顔をしていた。

ヤツはドライバーサイドに来ると窓をコンコン。

「License and registration please.」

「免許書とレジストレーションだせ」

私はダッシュボードを開け、紙くずの中からレジストレーションを

手早く探して、免許書と一緒に従順な犬の様に差し出した。

警官は書類を私の手からもぎ取ると、睨みをきかせてから自分の車の中に入って行った。

軽いパニック障害を起こしている私の頭の中では、

猛スピードでいろんなシュミレーションが行われていた。



「スピード出していないのになんで捕まるんだ?」

「やっぱり人種差別でボコボコにされるのか?」

「自慢じゃないがドラッグはしたことないし..」

「やっぱりボコボコか?」

「バックパッカーになってればよかった。」

「いや違う、やっぱりボコボコだ。」



しばらくすると白人警官が、誰も見ていないド田舎のハイウェイの真ん中で

カッコつけて車から降りてきた。

武器を持った人間は滑稽な仕草をする。

腰には拳銃がチラチラ、手に持っているのは棍棒か?

ガニ股の警官は一歩一歩近づいて来た。

「Your registration is revoked」

「は?」

「お前の免許が無効になってんだよ!」

「ここで車は没収だ。」

「は?」

「車から降りなさい。」

「降りなさいって、ここはハイウェイのど真ん中ですよ。」

ここでぼこぼこですか。

「今レッカー車を呼んだ。」



ボコボコにされなかっただけマシか。

数分すると本当にレッカー車が来て私の車は

荷台に積み上げれられた。

白人警官はドヤ顔でその場を立ち去って行った。

レッカー車のお兄ちゃんが

「可哀想だから近くのコンビニまで乗せってってやるよ」

と助手席に乗っけてくれた。


後日、簡易裁判所でわかったことだが、どうやら私は駐禁のチケットを

大分溜め込んでいたらしい。その為に免許証が無効になってしまっていたのだ。



山の中のコンビニに置き去りにされた私は、まずコンビニでビールを買った。

ここまでの話を聞くと腹が立つ話の様だが、実は全く違う。

コンビニの駐車場でビールを飲みながら私は

楽しくてしょうがなかった。

夜中に山の中で車を没収されて、どうやって帰るのかも、

どこにいるのかも分からなかったが、なんとかなる様な気がした。

いや、こんなことなんでも無い。

だって俺42.195キロ走ったじゃねえか。

どんな事でも乗り越えられる気がした。

ボストンマラソンの思い出はこちら

PLAY
FASHION
rei.
FUN , DESTINATION
【Reiko Journal】
"Autumn in New York"
EAT
おそるべし三つ星レストランーMugaritz

RECENT SERIALIZATION

london
2018/08/15
うちの近所で・・
EAT , london
2018/08/15
ロンドンで一番テンションが上がるチョコレート屋さん
EAT , london
2018/08/14
ロンドンで一番見栄えがいいお菓子屋さん。
EAT , london
2018/08/13
ロンドンで一番美味しいジェラート

CATEGORY