ドヤ顔で連れてきたんだろな。

CATEGORY | 日記
POSTED | 2018/04/06
江戸時代にオランダ人が連れてきたオラウータンを

初めて見た日本人が

「どこかの異国の人間に違いない」

と座敷に座布団敷いておもてなしをしたらしい。

分からないものなのかなあ?

確かにいそうだけど、裸だろって。





しかし、外国語の辞書もない時代に

通訳は大変だったろうなあといつも思う。

江戸時代は英語よりオランダ語が第一外国語。

通訳たちは政治的にも役人たちに目をつけられて、

大変だったらしい。

吉雄幸作(よしおこうさく)という人は

蘭方医だったが、オランダ語ができたので

通詞(つうじ)と呼ばれる通訳になった。

でも何かでトラブって蟄居させられ、

挙げ句の果てにはオラウータンの飼育係を

させられていた。

なぜオラウータンの飼育係なのかというと、

オランダ人が連れてきたオラウータンは

オランダ語の命令しか理解しなかった為だという。



  でもなんでオランダ人は日本にオラウータンを連れて

行こうと思ったのか?

ドヤ顔で連れてきたんだろな。

シェアしてね。


PLAY
SHOPPING , FASHION
Treasure hunting at
GUAVA SHOP in Haleiwa
FUN , DESTINATION
【Reiko Journal】
"Autumn in New York" vol.2。
EAT
おそるべし三つ星レストランーMugaritz

RECENT SERIALIZATION

日記
2018/08/28
撮影しながらロンドン観光
日記
2018/08/27
ノッティングヒル・カーニバル
日記
2018/08/26
ブーツ購入
日記
2018/08/25
ハグで始まりハグで終わる日

CATEGORY