ドラマの撮影がひと段落して週末からワンピースの稽古が始まる。

CATEGORY | 日記
POSTED | 2018/03/12
ドラマの撮影がひと段落して週末からワンピースの稽古が始まる。
今回はかなりマッチョなエースになるな。衣装入るかな。怪我しないように頑張ります。あ、その前に今週は「家庭画報」の撮影があるのだ。それも「猫特集」。やっぱり今年は「猫」と「筋肉」がラッキーアイテムらしい。


 長女サモンが家に来てから7年くらい。人間の歳で言うと同い年くらいかな。「塚原卜伝」という時代劇を堺雅人さんと撮っていた頃の事。茨城に時代劇のオープンセットがあって一カ月に何日かはロケで家を空けることが多かった。長男のサンダーはその頃、3歳。ペットシッターさんに頼んでいつもお留守番。そんなある日、2、3日ロケで家を空けて帰ってみると、なんとサンダーが激太り。「サンダー」と呼びかけると太った首に深いシワを寄せて振り返るので本人らしい。シッターさんはアリバイ写真のように毎日サンダーが遊んでる姿を写メしてきていた。メシは食っていたはず…いや食いすぎだろ!!

一体何があったんだ?

ふと気づくとトイレの方からそよ風に乗って例の匂いが…。行ってみると、なんでもない。普通にオシッコしてあるだけなのだか、それがものすごい勢い異臭を放っていた。なんだこの匂いは。思わず鼻に手をやりながら、その原因を思い巡らせて見た。やっぱり寂しかったのか…、辛かったのか…ゴメンよ。

サンダーは実に猫が出来ている。我が家は猫のご飯皿は一つだ。「同じ釜の飯」を食い、相手を思いやる心を育てるというのが、我が家の教育方針だ。理由の半分は、別の皿を買いに行くのが面倒で同じ皿を使っていたら何となく上手く行った。教育なんてそんなもんだ。今も長女がご飯を食べていると、どんなにお腹が空いていても長男はそれを奪おうとしない。待つ猫。

話は横道に逸れたが、「長男には兄弟が必要だ…。」
ただ、ペットショップで買う気にはどうしてもならない。運命の出逢いが必要なのだ。
そうこうしているうちに、また次のロケで茨城に行く事になった。泣く泣くシッターさんにお願いして家を留守にした。ロケの2日目辺りだったか。夏の暑い日。朝から晩まで撮りに撮りまくった。長い一日が終わり、結髪小屋みたいな所で堺さんと猫の相談をしながらカツラを外し、一足先に外に出ると、夏の夜風に吹かれながら君がアシスタントプロデューサーの肩に乗っかってたんだね。ちょっと大きめの毛玉みたいな君が。

何ですかー!?これ!」

と半発狂状態で聞くと、「ここにいたんです。」と冷静な回答。

その後の事はご相談にお任せします。
黒猫が欲しかったから「クロ」にしよかと思いましたが、どう見ても茶トラなんで、私の役名「サモン」と名付けました。

シェアしてね。

EAT
行列のできるBreakfast address.
"EggHEaD"
FUN , DESTINATION
【Reiko Journal】
"Autumn in New York" vol.2。
EAT
美食の街 サンセバスチャンのレストランBEST 5

RECENT SERIALIZATION

london
2018/08/15
うちの近所で・・
EAT , london
2018/08/15
ロンドンで一番テンションが上がるチョコレート屋さん
EAT , london
2018/08/14
ロンドンで一番見栄えがいいお菓子屋さん。
EAT , london
2018/08/13
ロンドンで一番美味しいジェラート

CATEGORY