いま我が家では移住計画が持ち上がっている。

CATEGORY | 日記
POSTED | 2018/03/05
いま我が家では移住計画が持ち上がっている。
というのもこの間、近所をランニングしている時のこと。旧山手通りを走っていると、何とも香ばしい焚火の匂いがしてくるのだ。
真っ先に頭に浮かんだのは「こんなとこで焚火していいのかよ?」。「ていうか火事じゃないよね?」暫く走っていると焚火の正体はログハウスの展示場でやっていたバーベキューであることを発見。週末もあって結構賑わっている。ワイシャツの上からフリースみたいなジャケット着た営業マン&ウーマン達が笑顔で幸せを演出していた…。ムムム。ランニングをショートカットして帰ることにした。

速攻でシャワーを浴びると、嫁さんを散歩がてらにとログハウス覗いてみない?と誘ってみた。
中途半端な反応の嫁さんと、散歩のついでに二人で出かけた。展示場に着くと受付で名前を書き、3タイプあるログハウスへ。
ひとつめはオーソドックスなタイプで、庭からポーチに上がり、スイングチェアを横目に玄関に入るようになっている。実はもうこの時点でかなり気に入っていた。玄関のドアを開けると、木目調の内装がどこか懐かしく、おもわず「ただいま」って言いそうになってしまった。そして包まれるような木の香りで二人ともノックダウン。はい、まだ都会で消耗してます。
それから暫くの間、40を越えた大人が、いみじくも「言葉」を使う仕事をしている二人が、「やばいね」を連発。「やばーい」とか「やべえ」などの活用で細かい心の機微を表した。二階に上がると巨大な窓、と言うか壁一面の窓のそとには10畳を越えるウッドテラスが。そしてテラスには専用のシンクまで付いている。この家で幸せになれなかったら、何処へ行って何をしても幸せになれない自信があった。頭の先っちょからカルマが一つ天に昇って行くのを感じた。

後の2タイプのログハウスはサラッと見学し、色々と説明を聞き、資料を沢山貰ってきた。来週には土地を探す担当の人と打合せのアポが入っている。こんな風に決めてしまっていいのかと思いながらも、田舎暮らしに憧れていた私はログハウスのカタログを眺めることが筋トレの次に楽しい。全ては出会いである。
BEAUTY&HEALTH
癒しと美、わがままを叶えくれるサロン。
極上のリラックスが待っている
FUN , DESTINATION
【Reiko Journal】
"Autumn in New York"
EAT
美食の街 サンセバスチャンのレストランBEST 5 第3位!

RECENT SERIALIZATION

日記
2018/05/11
夢の話
日記
2018/05/04
ワンピース歌舞伎検定ー中級
日記
2018/05/03
ワンピース歌舞伎検定ー中級
EAT
2018/05/03
劇場でお待ちしています!

CATEGORY