【撮影うらばなし】

CATEGORY | FUN
POSTED | 2017/10/04
帰国したカメラマン竹内くん「部活を思い出した。」


sunday_tripper大学映像研究会ハワイ合宿とでも呼ばせてもらいましょうか。ホノルル空港に降り立った部員三人。映像研究会と言ってもノリは体育会系な文系肌。
そんな一行を待ち構えていたのは、白いnissanのレンタカーで登場したプロデューサー、いや部長タック・タイラー。鼻息荒い部長は一便先に到着していたのである。一応、車中で「飛行機で寝れた?」なんてバックミラー越しに質問はしてみるが、ホテルに荷物を置いたら容赦無く第一現場へ直行...。本当にすいませんでした。

この日、部長は一人で別行動。島の西側にある「マーメイドケイブ」を一人で撮影に。しかし現場に到着してみたものの、そこには想像していたマーメイドちゃんが出てきそうな静かな洞窟は存在せず、ゴツゴツしたサンゴ礁の台地にぽっかりと穴が空いていて、それも入り口は垂直にサンゴの壁を降りて行く、という見たからに危険なものだった。ふと見渡すと、海で亡くなった方を思わせる十字架がそこら中に立っているではないか。部長タック・タイラーはその時思った「これ無理する事ないな」。しかし、同時に「何にも撮れなかったらみんなになんて言い訳しよう?」しばらくサンゴ礁に打ち付ける波を眺めながら時差ボケの頭と戦っていた。

ふと目線を移すとそのサンゴ礁の台地の隣にとても美しいプライベート感溢れるビーチが広がっているではないか!そして見たからにローカルなお母さん方が寝転んでいる。とてもマーメイドには見えないが、これがリアルだ。部長の企画は瞬時に変更した。「マーメイドケイブ」から「知られざるプライベートビーチ」へ。てくてく歩いて行くと、無邪気な子供達が遊んだり、喧嘩したり、また遊んだり。部長は静かにカメラを回した。ロケの神様ありがとう。初日の撮れ高はまあまあかなと本隊に合流すると、カメラマンの竹内くんとアシスタントのゴメスはドヤ顔で「めちゃくちゃいいの撮れたよ」とご満悦。部長は「ああ、そう!」と少し大きめのリアクションをして自分の話は胸の内にしまって置いた。

今日のロケはここで終わり。と思いきや、明日の衣装を借りにカイマナビーチのニューオータニへ移動。紅一点の編集部員Reiko H.が衣装の打ち合わせをしてる間に男性部員は待ちきれずバーで乾杯。おつまみに枝豆を頼んだら、ガーリックで殻ごと炒めた枝豆が出てきて、改めてアウェイであることを認識する。今日はよく寝れそうだ。
EAT , SHOPPING , FASHION
MADE WITH ALOHA!
"SOUTH SHORE MARKET".
話題のサウスショアマーケットで買いたいもの #2
FASHION
【Reiko Journal】
旅の足もと
EAT
美食の街 サンセバスチャンのレストランBEST 5

RECENT SERIALIZATION

london
2018/08/15
うちの近所で・・
EAT , london
2018/08/15
ロンドンで一番テンションが上がるチョコレート屋さん
EAT , london
2018/08/14
ロンドンで一番見栄えがいいお菓子屋さん。
EAT , london
2018/08/13
ロンドンで一番美味しいジェラート

CATEGORY