【Reiko Journal】
気まぐれなファッションコラム

CATEGORY | FASHION
POSTED | 2017/10/04
  • ターコイズとスタッズのMIX感、足首のレースアップひもがアクセントのVALENTINOサンダル。

  • ジュエリーはあまりたくさん重ねづけせず、一つで存在感のあるバングルくらいが私のハワイでの過ごし方には合っているみたい

  • 色のコントラストが本当に綺麗

  • 泳いだ後は音楽を聴きながら寝っ転がってお昼寝。ボディ用の日焼け止めはクラランス、乾燥するのでローションスプレーも頻繁にシュッと

旅に出るときに、その楽しみはパッキングから始まっている。
どれだけ旅慣れようとも、一瞬で準備が終わるとか荷物が少なくなるとかいうことは私の場合、ない。
行く場所、その季節、その時の気分、現地でどんなことをするか、によってガラリとスーツケースの中身が変わってくる。
靴から始まるコーディネートづくりの時もあれば、絶対に着たいワンピース1枚からスタートすることもあるし、
ちょっと寒い日用とか気温問題が入ってくるとこれまた足もとまで再び頭を巡らせて……小さなトランク一つで身軽に旅する女性は永遠の憧れながらも、
なんだかんだと、そんな自分なりの(ちょっと長めの)パッキングタイムを楽しんでしまっているのです。
気まぐれな旅ワードローブのお話し、さて、ことがハワイとなれば、いつも”必ず”持って行くものがいくつかあります。
サンダルはキャッチーなポイントがある、スタイリングのスパイスになる一足はマストで。
例えばVALENTINOのレースアップサンダルは、ビジューやエスニックなひもの辛口×遊び心のバランスが好き。ビーチでもディナーでも洋服次第で対応できます。
アクセサリーは、手もとにバングルを一つ、くらいの感覚で。メッシュのヴィンテージライクなものはAurelie Bidermann、ノットデザインはCELINE。
ポーチ好き、袋好き、なもので、スーツケースを開いたときに楽しくなるアイテムは大事。MYLANの美しいカラーのリネン巾着袋は何色も集めてしまいそう。
そしてハワイの海でプールのように泳ぎたい私には、水中眼鏡がマル必。ビーチに敷くタオルは地厚で肌触りの気持ちいいもの、定番はPENDLETONの大判タオルです。PENDLETONは柄や色合いのバリエーション、ビーチで使い込んでも丈夫な素材感も優秀。PORTLANDの本店に行ったときに大量に買ってしまいました……
PORTLANDのお話しもまたいつか。
PLAY
EAT , FUN , Maui
完全オーガニックにこだわる
マウイ島随一の美しいO'o farm(オオファーム)で
Farm-to-tableを体験
FASHION
【Reiko Journal】
香りのお話。
EAT
美食の街 サンセバスチャンのレストランBEST 1 第1位!

RECENT SERIALIZATION

FASHION
2018/03/30
【Reiko Journal】
気分はなんとなくグリーン。
FASHION
2018/03/25
【Reiko Journal】
香りのお話 その2。
FASHION
2018/03/24
【Reiko Journal】
香りのお話。
FUN , DESTINATION
2017/11/19
【Reiko Journal】
"Autumn in New York" vol.2。

CATEGORY